アレルギーで苦しんでいる女性の画像

アレルギーといえば主にアレルギー性鼻炎、いわゆる花粉症が有名です。鼻詰まりや鼻水、眼の痒みや充血などの症状が発生します。非常に生活が不便になってしまうので、そうならないよう当サイトで対策などを紹介します。

アレルギーの人は特定原材料の表示に注意する

アレルギーを起こす物質にはいろいろな種類があります。卵や牛乳、小麦などが有名ですが、それ以外のもので起きることもあります。スーパーなどで販売されている商品の特定原材料の表示には注意しましょう。現在はアレルギーを起こしやすい特定原材料は表示することが省令で決められています。えび、かに、卵、小麦、乳はそれらが使われていることが、示されています。これらの5つの食品はアレルギーを起こす人が多いので、表示されているのです。そばと落花生も表示が義務付けられています。この2つの食品はアレルギーが起きた時に、症状が深刻になりやすいので、表示されています。
特定原材料に準ずる食品も多くあります。いか、いくら、オレンジ、牛肉などが含まれています。これらの食品が含まれている場合も、食品に表示されていることが多いです。
アレルギーにはいくつかの種類があります。軽い蕁麻疹程度のものだったら、命に別状はありません。しかし、アナフィラキシーと呼ばれる症状が出た場合は、命に関わることがあります。アナフィラキシーはアレルゲンになる食べ物を取った時に、全身に出る症状です。一番多いのは皮膚の症状です。蕁麻疹や皮膚の赤化、かゆみなどが出てきます。他には肺の症状が出ることもあります。息切れや咳、喘息のような喘鳴が出ることも少なくありません。血圧が低くなって、倒れてしまう人もいます。アナフィラキシーが出たら、すぐに病院に行かなければなりません。救急車を呼んだ方が良いでしょう。一度アナフィラキシーを起こしてしまったら、アレルゲンを突き止めて、それが含まれている食べ物は絶対に取らないようにしましょう。食品に明記してある特定原材料の表示に絶えず気を配りましょう。